杉浦和利画歴

1938 京都に生まれる

1957 京都市立美大日本画科入学

1960 個展 山田画廊 京都

1960-1962 日本版画協会展に出品

1961-1966 京都版画集団展

1962 ニューヨーク、ブルックリン美術館の所属となる

1963 京都市立美大日本画科卒業

1967 京都国立博物館で古美術の古典画法学ぶ

1968-1971 京都国立博物館で国宝古美術の模写・修復を学ぶ (東寺蔵国宝真言七相他模写)

1975 古美術の修復・模写の経験に基づいて創作活動を再開

1978 京都画廊連合会展 連合会賞

1980 個展 ヘンドリックス画廊 ワシントン ギャラリーインポート展 ニューヨーク

1981 CWAJ展参加

1982 個展 スタジオ木村 東京

1983 ギャラリー600展 バンクーバー

1993 個展 ローニン画廊 ニューヨーク

1983-2002 CWAJ展 毎年出展

2004- CWAJ展 毎年出展



上記の他に、メルボルン、ロンドン、カナダなどで個展

師事 林司馬、吉田友一



-閉じる-